西岡秀子 公式ホームページ

私の決意「国民のための誠治を!」

 現在、我が国は、国内外ともに大変厳しい情勢にあり、早急に解決すべき、数々の難題を
抱えております。
 そのような中にあって、現政権は国民不在で独善的な政権運営を続けております。
 特に、昨年九月には、安全保障関連法案を国民の大多数が反対する中、成立させまし
た。明らかに憲法違反の法律であり、国の根幹に係る重要な問題を一内閣の閣議決定で
決めるという日本の民主主義、立憲主義の原則を根底から覆すものであると言わざるをえ
ません。かつて自民党にあった自由闊達な議論も封印されています。
 私は、この現状に大変な危機感を持ち、国民不在の現政権に歯止めをかける為、来る国
政選挙に挑戦する決意をいたしました。
いま一度、立ち止まって、国民的な議論をなすべき事柄であると考えます。
 また次々と目新しいフレーズと共に政策を打ち上げるものの、その実態は、従来からの延
長線上にある「問題先送りの構図」です。行き着く先は、強者がより強く、弱者が更に苦境
に立たされる「弱肉強食」の格差社会です。今こそ、問題解決の為には、抜本的な真の制度
改革が必要です。
 全ての人が自分の居場所で安心して活き活きと生活できる社会、また、日本の将来を担
う子ども達が、生まれた環境に係わらず、夢と希望を持ち、健やかに育つ事が出来る社会
をつくっていかなくてはなりません。
 また郷土長崎においても関係の皆様のご努力にも
かかわらず依然として県民所得が低迷し、急速な少
子高齢化のもと、その活力が失われ、様々な分野に格
差が拡大し、大変深刻な状況であります。
 以上の認識に立ち、もとより微力ではございます
が、皆様のご支援を頂き、「一国民、一県民、一女性の
立場」で日本の未来、長崎の未来、次世代の子ども達
のために「真に国民、県民の為に何をなすべきか」こ
の一点を考え、真摯に「私心のない政治」に取り組む
決意でございます。
西岡 秀子